最近のトラックバック

« 難民支援 | トップページ | テニスラケット »

2009年8月16日 (日)

サッカー3級審判継続講習受講

09/8/16

 09/8/1付けで3級審判の継続講習がある旨記載しました。昨日その講習会があり受講してきました。受講の2日前に新しい2010年版のルールブックが送られてきましたが、内容的には大きな変更は有りませんが、この所の異常気象を反映して、雷雨対策が事細かに述べられていました。

 世田谷区の少年サッカーの試合は、多摩川の河川敷で多くの試合が行われますので、雷の被害に関しては要注意です。最近は雷の発生が夏ばかりでないのも怖いところです。加えて、竜巻の被害も増えています。子供の頃に2回。我が家の近くでも竜巻の被害がありましたが、家が逆さにひっくり返って田んぼの中に落ちていたのを見たときには、自分の頭上を通らなくて良かったと思った記憶があります。

 本論の講習は、最初にルールに関しての試験が20題、プロジェクターで表示され、それに回答をする方式です。内10題はビデオ画像を見てファウルを特定するもので、見事に作成者の狙いに引っかかり2題間違え、残り10題は文章問題ですが、文章を読むのが遅い私としては不利で、最終問題で全部読まないうちに画面が消えて、1題NGで、合計85点でした。まあ、70点付近がボーダーラインの様ですから、OKでしょう。

 その後、岡田正義さんの講演や事務連絡があって約3時間の講習は終了しました。これで、後2年間、3級審判員の資格確保です。

 前に書きました、審判員の定年問題は、日本サッカー協会の規定の定年の項が削除されていますので、現状は何級でも定年は無しですが、走れないと出来ないのが実情ですから、自ら定年を決めろと言う事だと思います。

« 難民支援 | トップページ | テニスラケット »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ