最近のトラックバック

« e-Taxに苦戦 | トップページ | 小澤征爾指揮、サイトウ・キネン・オーケストラ »

2010年2月 7日 (日)

サッカー日本代表戦

10/2/7

 昨日は女子、男子の日本代表戦が共に対戦相手中国代表で行われました。ご存知のように結果は女子2-0、男子0-0でした。

 女子の試合、見るからに戦術が明快で、ゴール前の抜け目無い詰めが功を奏した勝利でした。一方男子は、シュート数4、5本でお粗末、でも監督は良い攻めが出来たとの試合後の講評であります。これどうなっているのでしょうか?

 男子もゴール前にサイドから数本入れたボールが有りましたが、一つはシュートする選手に優しいボールではないこと。即ち、ボールが浮いているので、きちんとミートするのが難しい。世界の一流選手、シャビ、イニエスタ、ジェラードといった選手が入れるラストパスは、シューターにとても優しいボールだと思います。シュートするフォワードの選手はすべてバーの上に外しているのも問題です。枠の中に飛ばないシュートが入ることは無い訳です。

 日本サッカーのこれは昔からの問題だと思いますが、シュートはバーの上に跳んでいくのです。グラウンダーのシュートが非常に少ない。これには子供のときから習ってきた練習が、ボールが遠くに飛ぶのが優れた選手と思われていた結果が、ボールを上に向けてける蹴り方が身に付いてしまい、肝心な時にその悪癖が出てしまうとも考えられます。

 ストリートサッカーの遊びで育った子供は、凸凹の道がグランドですから、遊びの中でボールを落ち着かせる技を身に付けます。ストリートサッカーでは大きく蹴るより、狭い地域で如何に相手を交すかが課題で、速いパス、ドリブルが重要です。正にバルセロナ、メッシのサッカーとなりましょう。日本サッカー協会がスペイン協会の指導を仰ぐのは良い選択だと思います。

 Jリーグのチームの下部組織等では指導方法が変わってきているでしょうが、小学校のチームでは未だに、自らサッカーを日々楽しんでいない、口だけコーチが、サッカーを”教えている”のです。日本の教育が”教え”の教育と批判され、見直しが急務といわれているのと全く同じ状況がサッカーを教える場にも残っています。

 サッカーは、というよりスポーツはそれを行う選手のアイディアが最終的には勝負を決するわけです。チームスポーツは同じコンセプトを持って戦うことは非常に大切ですが、それを実現するためのアイディアは選手自身が持っていなければ、いくら監督が怒鳴っても何の役にも立ちません。正に遊びの中からアイディアは育つのです。

 

« e-Taxに苦戦 | トップページ | 小澤征爾指揮、サイトウ・キネン・オーケストラ »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サッカー日本代表戦:

« e-Taxに苦戦 | トップページ | 小澤征爾指揮、サイトウ・キネン・オーケストラ »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ