最近のトラックバック

« ケーブルのIEC規格調査 | トップページ | ハイビスカスが咲きました2010,04,03 »

2010年3月30日 (火)

サッカー3級審判証が来ました

10/3/30

 2010年度サッカー3級審判証が東京都サッカー協会から届きました。もう15年程3級審判を継続していますが、最近はお遊びの試合か、レディース大会での審判が多くなりました。

 本年度、Jリーグでは手を使った反則を厳しく採るとの方針だそうですが、昔から、日本代表のDFには手を使う選手が多く、みんなでかばって来た風潮があり、それが故に一流選手が育たない土壌がありました。東洋の壁とか言われた選手も、手をうまく使っていたようです。

 手を使ったプレーをしないと言うことは、子供の時から会得しておかないとならない技術だと思います。即ち、子供の試合を判定する審判員が手を使ったどの様なプレーが反則かを理解していないと、判定には反映しません。残念ながら、子供の試合で、手を使っていても反則が採られる事はほとんど無いのではないでしょうか? それが故に手を使うプレーは容認されているのです。 審判の技術向上が必要です。

 今ひとつ、子供の試合で判定されないのがオブストラクションの判定です。ボールにプレーしないで相手の進路妨害をする事は、大人の試合より子供の試合の方が圧倒的に多いと思います。 進路妨害を反則だと思っていない審判が多いようにも思います。

« ケーブルのIEC規格調査 | トップページ | ハイビスカスが咲きました2010,04,03 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サッカー3級審判証が来ました:

« ケーブルのIEC規格調査 | トップページ | ハイビスカスが咲きました2010,04,03 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ