最近のトラックバック

« 隣家の解体作業 | トップページ | MJ=無線と実験誌への投稿を掲載して頂きました;その2 表皮効果 »

2010年5月10日 (月)

サッカー日本代表決定他

10/5/10

 サッカーの日本代表が発表になりました。大きな疑問が2つあります。

1)何故ゴールキーパーに川口が選ばれたのでしょうか?

2)Jリーグの得点王は何故選ばれないのでしょうか?

 上記疑問は幾らJリーグで活躍していても過去のネームバリューが優先する選択になっていることを如実にあらわしています。ゴールキーパーは正キーパーは楢崎でしょうから、若い選手を試合に出せなくとも次の時代を担う経験として連れて行くべきでは無いでしょうか。次世代を見据えた人選になっていないのは残念です。このまま行くといつまでたっても結果の出ない日本代表がそこにいることになります。

 得点力の無さが従来選抜されたFWの問題ですから、何故玉田のようなJでろくに得点をしていない選手を選ぶのでしょうか? 玉田が中盤もできるとの評価もあるようですが、海外で活躍している選手の方がよっぽどインテリジェンスを持ったプレーをしていると思います。現在Jリーグでは清水がトップですが、この中身は何故でしょう? 私は小野の加入が岡崎等の周りの選手を生かしていると見ています。川口を選ぶなら、小野を選んで欲しいと思うのは私だけでしょうか?

 前回大会のチームと比べた新日本代表のチーム力は決して前回を上回ってはいないと思われるので、ベスト4なんて全くの夢だと思います。

 1968年のメキシコオリンピックで日本代表は銅メダルを獲得しました。その時の監督が日本サッカー協会の会長を長く努められていた長沼健さんです。長沼さんは2008年にお亡くなりになりましたが、長沼監督の下で銅メダルを獲られた選手の方々が故長沼監督の意志を引き継いでサッカー界を盛り上げようと”志の会”を結成されたそうです。

 私は元勤めていた会社に入社した頃、故長沼さんは会社の広報部門に所属して、日本サッカー協会の仕事もなさっていました。私はBEAMEXという商標の電子線架橋電線の商品立ち上げの技術担当で、カタログやPR資料の製作の為に広報部門には足繁く通っていましたので、長沼さんの存在感を肌身に感じていた次第です。”志の会”結成については、以前、妻がサッカー部のOB会の裏方のお手伝いしていた関係で御連絡を頂きました。

« 隣家の解体作業 | トップページ | MJ=無線と実験誌への投稿を掲載して頂きました;その2 表皮効果 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サッカー日本代表決定他:

« 隣家の解体作業 | トップページ | MJ=無線と実験誌への投稿を掲載して頂きました;その2 表皮効果 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ