最近のトラックバック

« 我が家のワールドカップ トト | トップページ | チームHの試合に審判で参加 »

2010年6月 5日 (土)

1つのラフプレーが試合を台無しにしてしまいました

10/6/5

 昨日の日本代表とコートジボワール戦、開始間もなく、コートジボワールのフリーキックを闘莉王が2試合続けてのオウンゴール。その直後のプレーでプレミアリーグ、チェルシー優勝の立役者で得点王のドログバへ闘莉王が跳び蹴りでドログバは右手骨折し、WC出場も危なくなってしまった。このプレーにはイエローカードが出たようですが、私が審判なら明らかに過度の力で相手に跳びかかる、jumps at an opponentのファールで退場としたでしょう。このプレーの後から、両チームとも、試合に対する意識レベルが下がってしまい、つまらない試合になってしまいました。1つのいら付いたラフプレーが試合を台無しにしてしまいました。

 オウンゴールの理由は、それだけプレーに余裕が無いことを示しています。相手の速さについていけない事を如実に示していると解すべきです。優れた個人技と速いパス回しの技術が日本代表には欠けているのです。とすれば今Jで活躍している生きの良い選手を選抜すべきだったでしょう。

 日本代表はWCのテストマッチとして、英国、コートジボワールと2試合を行いましたが、韓国戦をも含めて、試合展開が遅いのが他国との大きな違いです。例えば英国やコートジボワールはサイドチェンジのボールを1本又は中継を入れても2本のキックで行いますが、日本は最低でも3本を要し、中村俊輔君を経由するとバックパスまで入ってしまいます。これで試合に勝つのはまず無理です。又、ボディーコンタクトは弱く、すぐ転ぶ、走り出しでも勝てない。コートジボワールの2点目のFKからゴールキーパーの前に入れたクロスボールの速さは日本には無く、この差は非常に大きい差である事を残念ながら認めざるを得ません。

 我が家のトトでは私は日本がベスト16には入らない事にしています。

« 我が家のワールドカップ トト | トップページ | チームHの試合に審判で参加 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1つのラフプレーが試合を台無しにしてしまいました:

« 我が家のワールドカップ トト | トップページ | チームHの試合に審判で参加 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ