最近のトラックバック

« 我が家のワールドカップトト 第3弾 優勝国当てベスト4 | トップページ | MJ;無線と実験誌への投稿を掲載して頂きました;その3 AVケーブルのシールドを考える »

2010年7月 7日 (水)

我が家のワールドカップトト 第4弾 オランダ決勝に

10/7/7

 本日早朝のウルグアイxオランダ戦は1x3でオランダの勝ち、決勝進出です。

 トトはオランダ優勝と私はしているので、まずまず順調に進んでいます。明朝ドイツxスペインで対戦相手が決まりますが、息子二人はそれぞれに賭けているので、いずれにしてもどちらかと勝ちを争います。

 オランダのスナイデルは日本人と同じような体型でありながら、俊敏さ、キック力、視野の広さはどれをとっても世界のトップクラスです。本WC、現在まで5試合で5得点もサッカーは体型だけではない事を物語っています。

 オランダには伝統的な教育システムがあるとの事で、フォーメーションは4-3-3を全ての年代で統一しているそうです。4-3-3と言うシステムはピッチ全体に人が配置される陣形であるので、小学生などでは取り入れ易いものです。こういうシンプルなスタイルを基本にして、個人の能力を引き出す各選手の配置を考えれば、選手の成長も早く、戦略の理解も容易で、どんなチームに行っても活躍できることでしょう。

« 我が家のワールドカップトト 第3弾 優勝国当てベスト4 | トップページ | MJ;無線と実験誌への投稿を掲載して頂きました;その3 AVケーブルのシールドを考える »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我が家のワールドカップトト 第4弾 オランダ決勝に:

« 我が家のワールドカップトト 第3弾 優勝国当てベスト4 | トップページ | MJ;無線と実験誌への投稿を掲載して頂きました;その3 AVケーブルのシールドを考える »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ