最近のトラックバック

« 「AVケーブルの教科書」を改訂しました | トップページ | LANケーブルをスピーカーケーブルに使ってみる;技術解説 »

2011年10月20日 (木)

力を抜くのは難しい

11/10/20

 昨日は多摩川河川敷にあるショートコースに行って来ました。先週も行きました。夏の間は河川敷は日陰が無いので敬遠していたのですが、その後台風の大雨で、渡し舟が運行していない等があり、今月になって、2週連続で行った次第です。

 素人のゴルフは、ボギーペースで回れれば、90ですから、これでもかなり上手な部類に入るでしょうから、ここが一つの狙いです。とこの様な見方が出来るまで、何十年掛かった事でしょう。パー4は3オン2パット!

 クラブフェースの芯に当てるように軽く振れば、ボールは正確に飛んでいくと頭では分かっていても、ずぐ力み、ヘッドアップをして、・・・・と頭で考えるように簡単では有りません。なぜティーアップすると、頭の中が真っ白になってしまうのでしょう。ちょっとした事が気になって、ショットに集中出来ない!!

 スポーツの世界でトップ選手の体の動きを見ていると、ほとんど力が入っていない様に見えます。100mのボルト選手、先の世界選手権でフライングで失格と成りましたが、スローモーションで走る姿を見ると、頭は動かず、上半身は静止の状態で移動しているようです。往年の青木功さんのスイングも、何処に力が入っているの?と思わせるものがありました。この比較をすると、石川遼選手はまだこの域ではない様ですね。

 私も何とか力が抜けたスイングをしたい!!

« 「AVケーブルの教科書」を改訂しました | トップページ | LANケーブルをスピーカーケーブルに使ってみる;技術解説 »

ゴルフ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 力を抜くのは難しい:

« 「AVケーブルの教科書」を改訂しました | トップページ | LANケーブルをスピーカーケーブルに使ってみる;技術解説 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ