最近のトラックバック

« いじめ、自殺、学校&教育委員会は生徒にどの様なケアをしようというのだ? | トップページ | ゴルフに行ってきました »

2012年7月27日 (金)

サッカー五輪予選;日本がスペインに勝つ

12/7/27

 サッカー五輪の1次リーグ緒戦のスペイン戦に日本が勝利しました。大方の見方は先のワールドカップ、ヨーロッパ選手権を連覇したスペインを、23歳以下といっても、とても勝てないであろうというものでした。私もそのように思っていました。

 所が、1トップの永井選手をはじめ、日本の選手の動きはスペインのそれを完全に上回っていました。この速い動きが、相手のレッドカードを生み、優位に立つ事が出来たと思います。このような試合運びをしていれば、海外のチームからの誘いは倍増することだろう。

 とても残念だと思っているのは、清武選手だ。彼は以前から優秀なパサーとして評価されているが、大きな欠点がある。その第一は、シュートコースが目前にあってもも、シュートを打たず、パスを回すこと。別の言い方をすれば、サッカー試合はゴールにパスを入れることで得点となるのであるが、ゴールへのパスが無いこと。稀にシュートを打つと、そのシュートはキーパー正面か、ゴールポストの外である。すなわち、キーパーもパス相手に見えてしまうのだろう。今の状態であると、ヨーロッパのチームでは活躍出来ない。例えば、香川、イニエスタと比較してみれば、その差は歴然で、香川の場合、常にシュートを意識しているのが分かる。

 日本の社会は失敗をすることに寛容でない。サッカーのシュートは10本の内、得点になるのは1本程度だ、これを考えれば、キーパーのセーブに遭うことは当たり前である。だが、クロスバーの上を大きく超えるシュートは、昔は”明治の大砲”と言われたが、これは何本打っても得点にならない。即ち、バーを越えたシュートは厳禁で、子供のころから、地を這うシュートを徹底すれば、ロナウドも夢ではない。シュートを打つことをほめないと、日本にロナウドは育たない。

« いじめ、自殺、学校&教育委員会は生徒にどの様なケアをしようというのだ? | トップページ | ゴルフに行ってきました »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サッカー五輪予選;日本がスペインに勝つ:

« いじめ、自殺、学校&教育委員会は生徒にどの様なケアをしようというのだ? | トップページ | ゴルフに行ってきました »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ