最近のトラックバック

« ラックスキットA501の修理は出来ないか? | トップページ | セ・クライマックスシリーズが佳境 »

2012年10月18日 (木)

サッカー日本代表欧州遠征

12/10/18

 日本代表の欧州遠征の2試合がありました。フランス戦では雨あられのシュートを川島がスーパーセーブして、0-1で勝利、ブラジル戦では、相手バックライン前で攻め倦む日本のボールをカットされ、カカを中心に、個人技を生かした速攻で4失点。入ってもおかしくないシュートはこの倍あったので、0-8程度の実力差でしょう?

 日本代表も敵バックライン前でのパス回しには見るものが幾つかありましたが、一つは、シュートを打たないという日本特有の、失敗を恐れる他人任せスタイルと、ブラジルのディフェンスラインのバックに走りこむ選手がいない事が、得点機会をことごとく逃した主因でしょう。

 ゴールを前にしてシュートを打たない日本チームの特徴は、子供の頃に、シュートをして外すと怒られた経験が尾を引いているのではないでしょうか? 子供にはシュートをした勇気を、入っても、外れても、褒めてあげる事が、ストライカーを作る上で重要な事です。

 ゴール裏へ走りこむ選手、日本人で最も長けているのは、佐藤寿人でしょう。ザッケローには何故、佐藤寿人を起用しなかったのでしょうか? これは監督の選手起用の能力、日本選手をどれだけ、どの様に評価をしているか?の問題で、世界を相手にしたときには、中途半端では、成果が出ないことを物語っています。ザッケローニの下で日本代表は強く成れるのか?心配です。

 この2試合で、多くのシュートを打たれた事は、ディフェンス力が本物でない事の証ではないでしょうか? アジアを相手だと通用しても、個人技に長けた、スピードのある選手には対応できないのが分かった遠征でした。

 

« ラックスキットA501の修理は出来ないか? | トップページ | セ・クライマックスシリーズが佳境 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サッカー日本代表欧州遠征:

« ラックスキットA501の修理は出来ないか? | トップページ | セ・クライマックスシリーズが佳境 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ