最近のトラックバック

« 桑田真澄さんの指導 | トップページ | LANケーブルをスピーカーケーブルに使ってみる;技術説明その2 »

2013年6月10日 (月)

食の安全を考えたら、日本の農業は成長産業である

13/6/10

 中国やインドは環境問題を疎かにして、工業化に突き進んでいる。この結果、水質汚染、大気汚染問題が顕在化してきている。一度汚染された土壌や環境はそれを修復するには大変な努力、資金を要する。今回の大震災で海水に浸かった畑、水田を元に戻すのにも大変な努力をしているし、過去に日本が経験した環境汚染問題を省みれば自ずと分かる事である。
 TPP参加で日本の農業が壊滅的打撃を受けると仰っている方たちが居るが、日本の食糧の安全性は世界でもトップクラスである。この特長を前面に押し出せば、富裕層が台頭してきている、中国やインドでは、食の安全を保障した食物は高くても売れる。日本の農業は売り方に依っては大きな成長産業に成りうる芽を持っている。即ち、旧態依然とした補助金農業ではなく、規制緩和し、食の安全を確保した作物を効率よく作る体制造りをして、海外市場に打って出れば、日本一国の市場規模程度の市場は海外に容易に作ることが出来よう。
 キーワードは”食の安全”であると私は考える。

« 桑田真澄さんの指導 | トップページ | LANケーブルをスピーカーケーブルに使ってみる;技術説明その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食の安全を考えたら、日本の農業は成長産業である:

« 桑田真澄さんの指導 | トップページ | LANケーブルをスピーカーケーブルに使ってみる;技術説明その2 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ