最近のトラックバック

« HS-BW-Ⅱ バイワイヤリング対応スピーカーケーブル | トップページ | PCソフトの更新が必要に成ります »

2013年7月14日 (日)

サッカー3級審判更新講習を受けました

13/7/14
 昨日は東京都サッカー協会主宰の3級審判更新講習に行ってきました。私はもう介護保険証を与えられるような年ですので、最高齢かも知れませんが、今年更新を受けると、あと2年間公式審判員で居られます。古河電工関連のサッカー好き仲間のチームでは審判担当ですが、よく対戦する中国人チームには、審判証を胸に付けているか否かで、クレームの数が違うとのことで、専業化しています。
 今回の講習の目玉は、オフサイドの解釈が微妙に変わったことです。オフサイドポジションにいても、相手プレーヤーがプレーをした結果として流れてきたボールをプレーした場合などに、オフサイドの罰則を課さないケースが出てくるとのことです。具体的な例は日本サッカー協会のホームページに画像があります。ただこれを見ても、なかなかこの通りにするのは至難の技ではないでしょうか?
 私は昔から、自分のペースで走れない副審をするのを好きではありませんでしたが、更に判定が難しくなり、副審は遠慮したいと思います。良く、主審は遠慮したいが、副審なら、と仰る方がいらっしゃいますが、私は自分の足で現場に近付き判断する主審の方が楽では無いかと思っています。
 上記試合では副審をすることはありませんが、最終判定は主審ですので、この改定に関しても、こころして臨みたいと思います。
 更新講習には30問の試験がありますが、その中に、”イエローカードを出すような反則があったら直ぐ試合を止める?”との設問がありました。正解は”YES”だそうですが、私は”NO”にして不正解でした。ルールブックにその様に記してあるのですが、「反則はあったが、その直後にシュートを打てるような状況なら、アドバンテージを採るのが正解」で、この回答は「NO」だと私は考えます。出題者は”直ぐにシュートを打てるような状況だ”とは書いて無いというのでしょうが・・・

« HS-BW-Ⅱ バイワイヤリング対応スピーカーケーブル | トップページ | PCソフトの更新が必要に成ります »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サッカー3級審判更新講習を受けました:

« HS-BW-Ⅱ バイワイヤリング対応スピーカーケーブル | トップページ | PCソフトの更新が必要に成ります »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ