最近のトラックバック

スポーツ

2014年2月24日 (月)

ソチオリンピックの終了と東京五輪組織委員会会長の発言

14/2/24
 ソチでの冬季五輪が昨日終了しました。ベテランの活躍と最近の新種目での若者の活躍が目立った大会だったと思います。
 我が家ではカーリング女子とスノーボード種目に注目をして、TVに釘付けでした。フィギュアスケートは羽生 結弦さんの金メダルは素晴らしいし、浅田真央さんのフリーは見ている全ての人に感動を与えたことと思います。
 それに付けても、添付の森東京五輪組織委員会会長の発言は、各所で批判されていますが、全く最低の発言で、こんな意識では東京五輪を感動の場に持っていく事は困難でしょう。フィギュア―団体に関しても、成功、不成功は結果論であり、勝てないであろう種目に関して出ないというなら、五輪に参加する意味はなく、世界選手権等の他の試合で勝率の高い人に金メダルを渡せば良いことに成って仕舞う。フィギュア―団体で全員が成功した演技で終了出来たら、こんな発言には成らなかったでしょう。又、メダル獲得の期待を持てる選手のみの派遣では、次世代の選手を育てる事は出来ない。又、惜しくもメダルを逃したスキージャンプの高梨沙羅さんも今後の五輪で常勝出来る選手に育ってくれるでしょう。
 元来、スポーツは失敗をどの様に克服してより高いレベルに持って行かれるかを競う事がその根底にあります。サッカーを例にとれば、シュートをしなければ得点は獲れない。10本のシュートを放って1本入れば、その選手は優れたストライカーの仲間入りが出来る。即ち、難しいものにチャレンジしない限り一流には成れないし、その中には多くの失敗が有るという事です。森さんはこの様な事を理解していないように思います。日本ラグビーフットボール協会会長職の様ですが、ラガーマンの方々も”決定的なところで何時もパスミスをするんだよね~~”とか言われたら、浮かばれないですね。
 Speaking Englishに関しても自分は戦中派で英語は敵国語だとか言って、話せないのが当たり前の様な事を言っている様ですが、東京への誘致委員会の方々が、あれだけ素晴らしいプレゼンテーションを英語で行い、東京誘致を勝ち取ったことを思えば、今からでも7年間もあり、日々学習すれば、7年後に大会の場で”ころぶ”様なことは無いと思います。

「140221MoriHatsugen.pdf」をダウンロード

2013年9月 9日 (月)

2020年オリンピックは東京で開催

2013/9/9

 今朝ほどのIOC総会で2020年のオリンピック、パラリンピックが東京で開催されることが決まりました。喜ばしいことです。昨晩のプレゼンテーションをTVで見ていましたが、高円宮妃をはじめどなたも立派なプレゼンテーションでした。又、レスリングが残ったことは、日本に有力選手が多いので良かった。
 前回、1964年の東京大会の時、私は高校1年生で、担任の先生が授業をカットして、マラソンを中央道まで見に行った事が強く思い出に残っている。この時初めて肌の色の違う選手を見た。アベベは速かった。円谷、君原の頑張りも見たが、マラソンランナーってこんなに早く走るのだ! という事が印象的であった。
 2020年誘致に反対されていらっしゃる方もいます。私は駒沢オリンピック公園の近くに住んでいますが、前回のオリンピックで、駒沢公園は神宮外苑に次ぐ大きな会場に成った。その遺産は今でもスポーツをする場として有効に使われており、我々はその恩恵を享受してきた。
 先のサッカーワールドカップでも国内に新たに競技場が整備されたお蔭で、地域にサッカーが根付き、強豪サッカーチームが出現してきている。
 この様に2020年の施設もオリンピックだけでなく、その後のスポーツの発展、健康な生活造りに寄与する事だろう。この遺産はとても大きいと思う。
 2020年には、団塊の世代である私は70歳を超えるが、老人が溢れ返る世の中になるであろう。選手村はオリンピック後は老人ホーム等の施設と、少子化の中で親の負担を軽減する、児童施設への利用をぜひ念頭にした設計にしてほしいものである。

2013年6月 6日 (木)

桑田真澄さんの指導

13/6/6

 6月3日のNHKテレビ、19:30からの”クローズアップ現代”で桑田真澄さんが6大学野球で50連敗をしている東大野球部のピッチングコーチをしている様が放映された。東大野球部には甲子園出場の経験者は居なく、それが故に、かつての先輩から受け継がれた高校時代の練習時間の少なさを補う、長時間練習と、相手バッターの目先を変えるべく、多くの変化球を覚えようとあがいていた状況があった。

 桑田コーチの第一の改革は練習時間の短縮。疲れた体、集中力の無い練習では一流の技術は身に付かない。長時間練習で、疲れた体で習得した技術は、その時点でのスピード感、他から言われた体の動きが身に付いてしまうために、自らの発想からのプレーが出てくる下地には成らない。

 そこで、発想の転換をさせて、選手に課した課題は;アウトコース低めにストレートを10球投げて8球以上が目標のミットに入ことに集中して投球する事を課した。投手の生命は変化球の多さではなく、バッターが最も打ち難い”アウトコース低めのストレートボール”をマスターすれば、それが最大の武器になる。この練習は選手にとっても単純明快で、集中して練習が出来る。

 桑田さんが執筆した”心の野球”と言う本の中に「努力は、量ではなく質である。短時間で、効率的、合理的に積み重ねてこそ成果がある。」と言う言葉がある。この言葉は野球のみならず、サッカーや他のスポーツ、ひいては勉学、研究開発といった仕事においても当てはまると私は思う。天才をつくるのは、時間や量ではなく、質と集中力である。教育者や指導者はこの桑田さんの指導法に学んで欲しい。長時間の、非効率な練習からは一流プレヤーは産まれない。

 惜しまれながら体調を壊してサッカー日本代表監督を下りたイビチャ・オシムがJEF千葉に来た際の練習時間は90分だったと聞く。これも桑田さんの指導と基本的な考えは同じでしょう。この指導で万年最下位だった千葉をあっという間にナビスコカップ2連勝まで持っていった。如何に”集中”する事が大切かを物語っている。

2013年2月 7日 (木)

パワーハラスメントに付いて

13/2/7

 大阪の高校でのバスケット部キャプテンの自殺、柔道界でのパワーハラスメントとその対応のまずさが明るみに出て、一気に、教育現場、スポーツの指導現場でこの問題での注目度が上がっている。
 本日付の朝日新聞、オピニオン欄には山口香さんが柔道界の問題をコメントしている。同2月1日には池上正さんが少年サッカーの指導者向けに「コーチよ怒鳴るな」と題した提起を、又、桑田真澄さんは、自分はパワーハラスメントを受けて育ってきたが、”パワーハラスメントからは全く何も得るものは無かった”と公言している。

 私も25年ほど前から、子供が通っていた小学校のサッカークラブのコーチをしてきたが、始めは全くの素人であった。幸いな事に、Jリーグ構想をまとめた木之本興三さんが校長をしていた”ゼブラサッカークラブ”に息子が4年ほど通っていたので、ここで子供の指導方法を学ぶことが出来たのは幸いでした。小学生のチームでは上記のように”コーチが怒鳴って、子供の動きを指示する”と、4、5年生までは優秀な成績を得られる事が多いが、その成果は”怒鳴った結果”の成果で、サッカーにとって最も大切な”アイディア”を造り出す能力を奪ってしまっているので、5、6年生以上では、その子供達は貧弱な選手にしか成らない。桑田真澄さんの著述を読んでいると、選手が自分で考える事が如何に選手自信を育てるかが分かる。鉄拳や言葉の威圧では選手は育たない。東大野球部の勝利が何時来るか、楽しみである。

 柔道界のパワーハラスメントが問題に成った当初、TV報道で、谷亮子国会議員がインタビューを受けていた報道があった。谷亮子は”柔道界ではパワーハラスメントのような事は無い!”と答えていたが、これには幻滅した。本当に国会議員なのだろうか? 常識を疑う。自分が住んでいたスポーツ界の大問題を”事なかれ主義”で済ますのが、かつてこの世界の第一人者が採るべき態度であろうか? むしろ、先頭に立って、パワーハラスメント問題の解決に奔走するのが、本当の第一人者である。小沢チュルドレンのぬるま湯にどっぷり浸かってしまっている様だ。桑田さんの爪の垢でも煎じて飲んだ方が良い。 

2012年11月 2日 (金)

遅れているプロ野球の画像判定

12/11/2
 日本ハムと巨人の日本シリーズも大詰めとなっている。
 昨日の試合中に投手が危険球で退場となった。TV放送で、何度もこの場面が再生されたが、これは明らかに誤審であった。
 プロ野球規定では、「投手の投球が打者の顔面、頭部、ヘルメット等に直接当たり、審判員がその投球を危険球と判断したとき、その投手は即退場と成る。」と規定している。
 昨日の試合では、打者;加藤はバントをしようと頭部を前に出していた体勢だった。投手;多田野の投球は、打者の頭部近くに投げられた球であったので、加藤は体を後ろにそらし避け、ボールはバットに当たり、そのバットのグリップ部が加藤の顔の辺り反動で当たり、ヘルメットはこの動きの中で、頭部より外れた。これがTV画面上(スローモーションを含め)に映し出されたものであり、解説者も上記解説をしていた。
 上記画面が正しいとすると、ファウルボールが正しい判定である。所が、巨人有利なデッドボール&投手は危険球退場と成った。

 他のスポーツでは、テニスではライン付近のきわどい判定を”チャレンジ”と称し、画像判定を採用している。大相撲では、物言いが付くと、審判員の協議の中で、別室にいる審判員がビデオを見て、どちらの力士が先に手を着いたか、土俵の外に出たか等を判断し、土俵上の審判長に伝え、判定の参考としている。サッカーでも現在、ゴールインの判定を電子化する検討が進んでいる。
 これらと比較すると、プロ野球の判定法は遅れていると言わざるを得ない。ひとつのプレーや退場処分が大きく試合の行方を左右するのであるから、早急に野球の判定に適した電子システムを開発し、判定の補助とすべきである。

2012年10月22日 (月)

セ・クライマックスシリーズが佳境

12/10/22

 セリーグのクライマックスシリーズが6戦まで進み、本日決着となります。毎晩、中日を応援して、拙攻の山を、いらいらして見ています。

 処で、中日の森野、巨人の村田、この2人のバッティングはどうしてこんなにしょぼくさい物になってしまったのでしょうか? 2人に共通しているのは、ボールにバットを当てに行く、単打狙いとしか思えない、貧弱なスイングになってしまっている事です。村田は守備の人に転進です。

 金本、小笠原の様な豪快なスイングを見習って、復活をしてもらいたいものです。この問題の2人は明らかに以前のスイングから比べると、体重移動が無く、体の回転だけでヒットしていますから、打球は飛びません。小笠原選手の如く、左足に乗せた全体重を右足に移動して体を回転させるスイングを見習って、来期に望んでもらいたいものです。

 この様な事は素人の私が見ても直ぐ分かるのに、各チームの打撃コーチは何をしているのでしょうか? 中日は監督以下首脳陣が後期高齢者の集まりですから、そこまで目が回らないのでしょうか??

2011年3月23日 (水)

巨人軍は滅亡に向かって歩んでいる

11/3/23

 「巨人軍は不滅です」と仰った方がいますが、計画停電で混乱、困惑している世間をよそに、ナイター興行をするとは? 一説ではナイター1試合で6000世帯分の消費電力の発生だそうです。選手会の意見集約のセ・パ両リーグ同時開催が、まともな人間が考える事でしょう。

 ナイター試合を強行するなら、選手がグランドに行かない、観客はグランドに行かない事で対抗すべきと考えるのは私だけでしょうか? 少なくともこの様な愚案を強行するチームのファンは減少する事でしょう。その行く先は滅亡です。

2010年11月 8日 (月)

日本シリーズ;ロッテ vs 中日

10/11/8

 連夜の延長戦、TVにかぶり付きでした。我が家は中日ファンの息子に味方して、応援。残念ながら・・・でした。

 それにしても、打のロッテ、投の中日、を良く物語っていました。それぞれのチームの目立っていたコーチがこの様にしたのだと思います。ロッテの金森コーチは常に打者に向かって声を出していました。その結果か、好調を維持していた打者は中日の倍の6打者ほど、一方、中日は森野、和田、新人大島、おまけに7戦目は森野が早々に怪我でリタイヤーしたのが痛かったです。全く役立たずがブランコ、インコース高目のボールとアウトコース低めのボール球に手を出して三振の山、全く学習能力が無い打者、これを指導しているのは誰か見えてきません。中日は若手の強打者つくりが急務でしょう。

 一方、中日の森投手コーチは落合監督の周りで常に動いている。これが中日の投手力の源泉でしょう。西本コーチも頑張っていますが、これは指導期間の問題か?両チームともクローザーが今ひとつでした。

 監督同様、コーチの力がチーム造りに大きく貢献している事を知った日本シリーズでした。

2010年10月 5日 (火)

ドライバーを新しく組み立て~ウンが付きました

10/10/5

 先週の日本女子オープン、4日間、TV前で観戦しました。すごかったですね~~あのラフ!! 我々のラウンドですと、ラフではボールがすっぽり隠れて、落ちた所が分からず、ロストボールの山を築いてしまうことでしょう。如何にショットの正確性が必要かを思い知らされる4日間でした。宮里美香さんは恐れることなく良いショットをしていました。ビクルだけで玉は曲がってしまいそうですが、偉い!

 これより先に、2008年SLEルールに適合するドライバーヘッドとシャフトを購入し、組み立てました。私のクラブは全て自分で組み立てたものです。主な購入先はGeoteck Golfです。TV観戦も手伝って、遠のいていた練習場通いも再開しました。新調のドライバーは、そこそこ真っ直ぐ飛びますので、先ずは安心です。11月のコンペに向けて、練習に精を出します。

 昨日夕方練習場に向かう道の電線にムクドリが大勢1列に止まっていました。その電線の下を自転車で乗り入れると、俄かに、木の種を踏む音が、と感じた瞬間、上から落下物が股を直撃、何とムクドリのウンチです。直撃は1発で免れましたが、練習場でウエットティシュを貰って拭く始末でした。不思議なことに3相で3本張ってある電線の1本に整列しているのです。これが習性なのでしょう。

 練習場の帰り道には、往きより数倍、3,4百羽は居たのでは無いかと思いますが、さらに空には集団が飛来してきている状態で、そこいらじゅう糞だらけ。近くの住人は困っていることでしょう。

2010年2月27日 (土)

鐘と007

10/2/27

 バンクーバーオリンピック、女子フィギュアスケートには多くの感動が有りました。浅田真央選手の銀メダルは立派なものです。安藤美姫、鈴木明子選手も自分の力を充分発揮したと思います。浅田真央選手とキム・ヨナ選手とは技術的には互角であると思います。

 ただ、浅田選手が使用した「鐘」と言う曲は、タチアナコーチが以前男子選手用に作ったもので、その男子選手には使わず、手持ちの曲であったと以前見たドキュメンタリー番組で言っていました。この曲は荘厳で重厚な曲ですが、女子のフィギュアの曲として相応しいか?と言うところに疑問を持ちます。女子フィギュアは楽しくにこやかに華麗なジャンプやステップを踏むところに多くの観客の方の共感を得られると思いますが、「鐘」の曲で浅田選手は引きつった、強面で演技をしていました。一方、キム・ヨナが使用した曲は「007の主題歌」と米国の作曲家ガーシュインのピアノ曲を使用して、観客の心を掴んでいました。さすが開催国カナダ出身のコーチが付いて、観客の心を掴むのに長けていたと思わざるを得ません。この2つの曲の差だけで、得点としては20点ぐらいの差に成ったのではないでしょうか?

 オリンピック開催以来、毎日TVの前でかぶりついて見ていますが、カーリングの様な知的ゲームは面白いですね。カーリングはつい最近オリンピック競技に加わったのかと思っていましたら既に10数回前の大会からあったそうで、日本が最近参加し始めたとの事です。

より以前の記事一覧

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ