最近のトラックバック

心と体

2009年12月17日 (木)

救命講習を受けて来ました

09/12/17
 昨日は我が家から徒歩5分程の所にある玉川消防所で行われた救命講習を受けて来ました.この地区の町会婦人部が主催の講習会でしたが、妻が男性も受講可能だと言う事で、一緒に受ける事にしていましたが、当の妻は先週インフルエンザにかかり、昨日まで外出禁止のドクターストップで、私のみが参加する羽目になってしまいました.さすが婦人部主催だけあって、20数名の参加者の内、男性は2名のみでした.
 教えて頂きました主な内容は、心肺蘇生法とAEDの使用方法です.実習が主体に講習が組んでありましたので、実際にそのポイント、考え方が良く分かり、良い経験でした.最近は中学3年と高校3年の卒業時期に学校で講習をしているそうです.受講者は救命行為が必要なその場に立った時”勇気を持って教わった事が出来るかだ”と言われましたが、正にその通りだと思います.
 私はサッカーをしていますので、胸に強烈なボールが当たると極めて稀に心肺蘇生が必要な場合があると聞いていますので、再度復習しておこうと思います.あまりそのような場には遭遇したくありませんが、その時には勇気を出してやるだけです.
 昨日知った事ですが、珠に消防署の前を通ると救急車が1台ありますので、常備されているのは1台だと思っていましたが、何と4台もあるそうです.それでも充分では無く、災害時には全く足りなくなるとの事です.その為にも応急処置の知識は必要です.最近TVで、AC(公共広告機構?)が流している中に、ごきぶりが出たといった他愛ない事で救急車が呼ばれる、”あなたのモラル大丈夫?”と言うのがありますが、有効に活用して欲しいものです。
 最後に所長さんが挨拶に見えられましたが、何と女性の所長さんでした.性差別をするつもりは毛頭ありませんが、消防は男の職場というイメージが強いものでしたが、以前、女性消防隊員のTVドラマがあった事を思い出しました。話も上手な堂々とされた好印象の所長さんでした。救急協会、消防団の講師の方々に感謝した1日でした。

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ

無料ブログはココログ